ラージフォレスト/大森 剛(Omori Takeshi)@身体の考察屋【公式】
  1. TOP
  2. ソリューション
  3. パーソナルトレーニング
  4. 動きのコントロール力を養うピラティス・MVeチェア 〜 動き解説動画付き

動きのコントロール力を養うピラティス・MVeチェア 〜 動き解説動画付き

『ピラティス・チェア』の動きや効果を説明したいと思います。

 

「ピラティス」と「ピラティス・チェア」の概要については、先日のブログにも書きました。

ピラティスは身体を『引き上げる』

7/16(祝日・海の日)にピラティス・パーソナルの体験イベントも行ないました。

この日に来れなかった、という方のためのフォローサービスをしています。(詳細は上記リンクのページ)

お問い合わせページないしはLINE@でご連絡いただければ『お試し体験』を承りますので、直接大森へご連絡ください。

 

 

ピラティス・チェアで行なっているエクササイズの一例です。

(それぞれ1分弱の動画です。音声なし)

 

 

 

 

ポイントは、バネの動きで『反重力の負荷』の中で動いていることです。

 

ひとつ目の動画では、単純にペダルを踏むだけの動きですが、

脚を上げる際に下から押し上げられる力をコントロールしながら上げる必要があります。

これが意外と難しいのです。

 

通常なら「引き上げる筋力」のみを使ってしまうところを「押し下げる筋力」も必要とします。

 

押す/引く両方を意識できるからこそ、本当の意味でコントロールができている、と言えるのではないでしょうか。

 

ふたつ目の動画でも、チェアから落ちないようにする「上に引き上げる筋力」を常に保ちながら「下にレバーを押し下げる」という動作を行なっています。

 

単純な動作方向「以外」の筋力を使っている、というのがミソです。

 

押す力、引く力の【協調性】を高めることができるんですね。

 

 

協調制がある動きは、関節への負担も軽減します。

 

日常生活からスポーツ動作まで、あらゆるパフォーマンスが高まる理由は、ここにあるわけです。

 

 

日常にない『反重力の負荷』だからこそ、新たな感覚に目覚めます。

 

ピラティス・チェアそのものは特別なマシンなので一般的ではありませんが、

このマシンでのエクササイズから得られる感覚は、様々な日常生活動作、スポーツ動作、パフォーマンスに活用/応用できます。

 

なかなか得られない感覚を得られますので、みなさんに体験していただきたい!と思っています。

 

ティップネス各店でも実施されています。担当者の有無/時間帯などは店舗によりますので、各店舗にお問い合わせください。

 

 

今回は簡単にですが、様子を見て追記もしていきたいと思っています。

直接お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

大森